Home | 組織内で映像を特定閉域配信 | 危機管理としての衛星通信

postheadericon 危機管理としての衛星通信

提供サービスセクション - 組織内映像コミュニケーション

都市直下型地震の可能性が70%を超えているそうです。

多くの企業、病院、自治体が危機管理に重要なポジションと意識しているようですが、はたして準備は間に合うのでしょうか。

災害発生の後3時間が危機管理上、大きな岐路と言われているようです。

企業活動、救急医療の生存に必要な情報伝達はもとより、社員、ドクターの安否確認は一刻を争う問題です。

被災地と、無事な事業所との連絡。そして被災した事業所にいる人との連絡。

多くのプランでは携帯電話やインターネットが無傷で使えるように想定しているようですが、これは間違いです。

阪神大震災でも、8日から20日は通信も途絶しているのです。

電線の切れるような災害時に、電源は非常用電源(発動発電機)が機能しても、一般電話は、線が切れればもちろん不通になりますし、災害時には通話集中による利用制限により、満足な連絡が取れない事を覚悟しなければなりません。

もちろん携帯電話も無線で通信しているのは近くのアンテナまでですから、その後の有線部分が途絶すれば利用できなくなります。

あなたの会社は8日から20日の間、連絡が取れなくて事業の継続が可能ですか?

おそらくNOでしょう。

そこで、最適の通信手段は衛星通信なのです。

宇宙に浮かぶ人工衛星は地上の災害の影響を受ける事はありません。

しかし、多くの衛星は国家利用か、免許事業、そして軍事に限られていて一般の企業が利用する事が難しいのです。

その中で、インマルサットはビジネス利用可能な衛星通信を提供する数少ないサービスです。


携帯できる衛星通信ユニットは、電話だけでなく、PCをインターネットへ接続する事、映像を配信する事も可能なのです。

このユニットを必要箇所の車両などに設置しておくだけで非常時の通信拠点として機能するのです。

詳しい説明はこちらをご覧ください